■■ ふぁうるちっぷ■■

過去日 記  掲示板 写真 Twitter




4月30日(金)

▼黄金水をゴクゴクしてますか〜?

 オレは今年も黄金水週間はほぼ仕事なので、黄金水をゴクゴクできません。
 がっつり休みがあったら、買ったばかりの50GMを持って、写真を撮りに行きたいんですけどねえ。

 って事で、無理矢理50GMを使ってみました。

 

 F1.2なので明るく撮りたくなるけど、ちょっと暗めに撮ると…質感とかが良い具合に出る…ような気がする。


 

 更に暗くして、顔にだけスポットライトっぽく光を当てたると、こんな感じ。


 

 ストロボに青いフィルターを付けてみたんですけど…、改めて見ると…夜中にテレビ見てる人みだいなコレ。
 逆にしたら良かったのかな? 背景用のストロボを青くして、顔に当てるライトを普通にしたら良かったのかも?



4月27日(火)

▼もっと時間かかるかと思ったけど…

 

 これが破瓜の勢いちゃんですか?
 ってなワケで、超級と言っても大勢が決してしまったら…割と楽勝でした。
 特に、交易で阿修羅陣を手に入れてからは…、阿修羅陣の武将を采配武将にして、3〜4人で城を囲んで阿修羅陣を撃っていれば、兵器なしで城を陥落出来る ので…ホント楽でした。
 交易は…ちょっと便利すぎるよなあ。

 しかも、交易に出した武将にはかなり能力値が上がるので…、

 

 26年間、交易のみをやり続けた雑魚武将が…いつの間にかガチムチな能力値になっていました。…いや、これは上がりすぎだろ!
 初期能力が、統率:34、武力:23、知力:64、政治:66、魅力:58…な武将よ?
 交易ブートキャンプで、どんなクソみたいな武将でも一線級の能力になれる…ってのはロマンがあるけど、26年もやってたら…普通に優秀な武将が加入して るよなあ。
 実際、この武将も交易と内政以外で使う事はありませんでしたし。


 

 そんなこんなで、次は「三顧の礼」のシナリオをやろうと思います。
 「三顧の礼」の実績を解除したら、「シナリオ全クリア」と「全実績解除」の実績が解除されて…まさかの実績フルコンですよ。
 ゲームのは実績は「どうせ無理だし」って事で、こだわりは全然無いのですけれど…、せっかくここまで来たんだから、是非ともフルコンしいたいわ。



4月26日(月)

▼昨日の仮面ライダーセイバー

 次回予告を見るまで…ケントクンの存在を忘れてたわ、というお話。未来を知っている…という超チート設定をここまで活かせていない人もなかなかに珍し い。
 兄妹同時変身…カッコイイね! …どうして入口ではなく高い所から出てきたの?と思わんでもないけど。ナントカと煙は高い所に上りたがる…って事なの?  つまり、「お兄様=ナントカ」って暗喩なの?
 最終形態の敵怪人に不意打ちで頭をがっつりイカれるって…即死してもおかしくないぞ? それだけ子育て王が頑丈って事なのか?
 騙されてるのはレイカさんだけ…ってパターンだと思ってたけど、あの口振りだと…お兄様も一緒にマスターに騙されてるっぽいなあ。
 子育て王が間に入って、リンタローがズオスとの戦闘を中断して知念様の所へ向かう流れは…凄く良かったなあ。子育て王の見せ場にもなってるし、後半のリ ンタローとズオスの決着への溜めにもなってるし。アレだった時期のセイバーは場面と場面の繋ぎがガバガバだった印象があるけど、そこら辺をしっかりやって くれるだけで…全然面白さが違うなあ、と。
 お兄様との戦闘で、トーマがダブルオーの量子化みたいなヤツを使ってるのも良いよね。あっさり返り討ちにされてたけど、コレがあると無いとじゃ全然違う と思う。最近のセイバーは見たいものを見せてくれるなあ、と。
 バリアーを破られた知念様への攻撃…、カメラが横に動いたら…ちゃんとリンタローが受け止めてて感動しました。ここで視聴者をビックリさせるためだけ に…リンタローじゃない誰かが受け止めてたら最悪だけど、ちゃんとリンタローでしたから。そこからの変身もめちゃめちゃカッコ良かった。
 今回のリンタローは…オレの中では剣崎君の「俺が戦うのは義務とか使命なんかじゃない!」に匹敵する熱さがありました。
 それでいて、ちゃんとトーマにも見せ場がありましたし。…ただ、お兄様だけは、最後に地金を晒した感じになってダサかった…。初登場時はあんなにオーラ あったのに…。
 パワーアップ後は玩具の販促タイムかと思いきや、映像として迫力があって普通に見応えありました。
 フィニッシュもカッコ良かったし、ズオスの散り様も無駄にカッコ良かったし、ホント、今回はお兄様以外はみんなカッコ良かったわ。



4月24日(土)

▼早速…

 50GMを持って八戸公園へ桜を撮りに行きました。


  

 

 

 

 

 

 いや〜何を撮っても綺麗に写るから楽しいですよ。
 買ったばかりのレンズだからそう思えるだけかもしれませんけど。プラレスサンシロー効果かもしれませんけど。


 

 

 

 家に帰って来てからは、そのままドールを撮ってました。
 ホント良いレンズだわコレ。



4月23日(金)

▼とうとう届きました

 

 SEL50F12GMが届きました。
 定価が約28万…というクソ高いレンズなのですが、50mmはとても汎用性の高い焦点距離だし、その焦点距離でソニーの最高峰であるGM(ガンダムマイ スターではない)を体験したい…、という思いで購入しました。クソ高いけど。


 

 比べる意味はないけど、今オレが持ってるLoxiaの50mmと比べるとこんな感じになります。
 LoxiaはF2だしマニュアルフォーカスなので、スペックが全然違うのですけれども。


 

 唯一持っているGM(ガンダムマイスターではない)レンズのSEL100F28GMと比べるとこんな感じ。
 この100mmのレンズが大好きで、散歩の時以外はとりあえずこのレンズを使ってる…ってのが、今回50mmを買った理由のひとつでもあります。
 もう、この100mmと50mmでレンズ沼から生還できるのではないかな、と。


 

 α7cに付けると、こんな感じ。
 デカすぎてアンバランス…かと思いきや、意外と持ちやすいです。見た目ほどの重さは感じないなあ。
 これなら普通に散歩でも持ち歩けそう。


 

 記念すべきファーストショットがこちらになります。
 50mmなので、肉眼で見えてる感じとファインダーの中に見える映像がほぼ同じ大きさなんですけど、それなのにF1.2の明るさとボケ具合なので…、 ギャップでファインダーを覗いた時のインパクトが凄いです。


 

 ただ…、開放だとボケすぎるので、顔全体をきっちり写すにはちょっと絞る必要がありますね。
 ↑上の写真はF2.2まで絞ってます。
 せっかくだから開放のF1.2で撮りたい…という気持ちはあるのですけれども。


 

 TPEドールの方も撮ってみました。
 …って、今この写真のデータを確認したら…F1.2じゃねーかコレ! 普通に開放で取ってるじゃねーか!
 F1.2でも、撮る角度や被写体との距離で…普通に顔全体にピント合うな。


 

 特に深い考えもなく、とりあえず右側からストロボ青く光らせてみただけの写真になります。
 ライティングやら何やら、色々と適当なのですが…、適当に撮ってもレンズのパワーでイイ感じにしてくれている…という気がする。
 買ったばかりのレンズだから、そう思えるだけかもしれんけど。



4月20日(火)

▼時間を泥棒されまくりです

 10日くらい前に、「三國志14」の難易度「超級」がアンロックされるDLCを購入しまして、暇さえあれば…いや暇がなくてもプレイしていたのですが、


 

 シナリオ「官渡の戦い」を新君主で始めて…やっとここまで辿り着きました。
 …いや、ホントはクリアしてから「超級クリアしたぜー!」ってアレするつもりだったんですけど、これはまだまだ時間かかりそう…って雰囲気なので、とり あえず先に超級の感想でもアレしておこうかな、と。


 超級を購入して説明とかを読まずに始めたので…、最初の戦闘で戦慄しました。自軍の兵士がアツアツの鉄板に乗せたバターみたいに溶けてなくなるんだも の…。
 さすがにこれは理不尽すぎだろ!と、超級の内容をよく確かめてみたら…、CPU勢力の隣接地効果がゴリゴリに強化されてるのね。
 なので、スプラトゥーンしながら敵の府を着実に占領して隣接地効果を減らしていけば…どうにか戦えます。戦えるけども…やっぱキツイわ。
  零陵から新武将3人で始めて、空白地だった桂陽を占領してから…次の領地を獲るのに10年近くかかったわ…。
 それくらいCPU勢の隣接地効果がエグイ。
 ただ…、面白い事にこの隣接地効果…“CPU同士”の戦いでも発動するんですよね、なので、隣接地が多い守備側は強い。とにかく強い。…だから、なかな か勢力図が変動しない。
 三國志シリーズの高難易度をやっていると、中盤で曹操様が強くなりすぎて詰む…って事がよくあるんですけど、今回の超級プレイでは…曹操様はなかなか勢 力を伸ばせずに停滞しまくってました。
 ず〜っと袁紹と乳繰り合ってましたからね。袁紹が寿命で死んで袁尚が後を継いでも、その袁尚も寿命で死んで何故か公孫淵が後を継いでも、ず〜と河北を制 覇出来ずにいて、最終的に勢力統合のイベントで公孫淵を吸収するまで争い続けてましたから。曹操様がここまでヘボいのは、なかなか珍しいよなあ。


 さっきプレイしていた時も、孫権がやらかしていたのでスクショを撮りましたけど…、

 

 こんなの孫権軍の勝ち確だと思うでしょ?
 写ってないけど、後ろに兵器部隊もいますから。


 

 そこに燕人張飛をひとつまみ。
 前のスクショから2ターンしか経っていないのですが、ご覧の有り様です。


 

 次のターンでは↑こうなって…、


 

 更に次のターンで…掃討完了である。
 万人敵さん、マジ万人敵。


 まあ、上の例は張飛が強すぎる…ってのもあるけど、とにかく守備側が無駄に強いんです。
 プレイヤー側の隣接地効果はここまでゴリゴリにはならないけど、「プレイヤーの領土に侵攻している」って事は…「CPU側に隣接地効果がほぼ乗っていな い状態」って事なので、プレイヤー側も守っていればそれなりに強いです。
 なので、ひたすら守って…敵兵を減らしたり敵将を怪我させたり捕らえたりしながら力を蓄えて、じわじわと領土を広げていく…って感じになって、それがな かなかに楽しかったです。
 普段は、簡単になりすぎるので同盟はあまりしないようにしてるけど…、もう同盟しまくりですよ。常にひとつの勢力とだけ戦うように同盟しまくってまし た。
 強い武将を捕まえて配下にしても「毎回同じ面子になっちゃうから」という理由であまり重用しないようにしてましたけど、超級じゃそんな事…言ってられな いからね! 即官職を与えて前線に投入ですよ。

 そんなこんなで、この超級…難易度としては丁度良いかも? トム&ジェリーのように仲良くケンカ出来るバランスだなあ、と感じました。
  この上には「極級」ってのもあるけど、あっちは「提案不可」とか「采配不可」とか、更にマゾい仕様なので…ちょっと手を出す気にはなれない なあ。
 つか、采配で武将の特技を発動させるのが楽しいのに、それが使えない…ってのはツライわ。



4月18日(日)

▼今週の仮面ライダーセイバー

 リンタロー、結構いい体してるのね、というお話。…エクレア食いすぎたら速攻で太りそうな危うさがありますけども。
 サラっとトーマがダブルオーライザーの量子化みたいな攻撃しとるのだが、そのフォーム…そんな能力もあったのね。あっさりズオスに見切られてましたけど も。…かなりチートな能力だと思うのだが…。
 メイちゃんが大変な事になってる時に、剣で語り合っとる場合か! と思わんでもないが…、リンタローが赫刀に覚醒するためなら仕方ないか。岩柱と風柱み たいに戦闘中にやるのは無理があるだろうし。
 セイバー1に熱い変身シーンだったなあ。…後ろの演出を頑張り過ぎた感はありますけども。普通に二人並んで変身でも良かった気がする。
 戦闘シーンも見応えありました。古い特撮を見てると、やっぱり今の特撮は凄いなあと思います。
 メイちゃんを助ける直前のやり取りは…痺れましたねえ。こういうのでいんだよ、こういうので。
 最後にチョロっと出てくるまで…ケントクンの事すっかり忘れてたわ。もっと積極的に動かないと、どんどん影が薄くなっていきそう…。
 メイちゃん、なかなか絵心あるねえ。良い感じに特徴が出てるじゃないですか。
 にしても…、ヒャッハーさんはともかく、知念様も不満げなのは何故なのだろう? ビックリマン風味にデフォルメされてるとは言え、そこまで酷くはないと 思うのだが…。
 東映特撮ファンクラブで子育て王の若い頃の漫画を読みましたけど、子育て王が高校生の時点で知念様のキャラ紹介が「年齢のことだけは聞いてはいけない」 なので…相当なコンプレックスを抱えていらっしゃるのだろうか?



4月16日(金)

▼良い時代だった…

 せっかく東映特撮ファンクラブに入ったので、過去作品も見てみよう…と思って最初に見た作品が「時空戦士スピルバン」です。
 この作品、内容は全然憶えていないのだけれど…オレの性癖がかなり開拓された事だけは強烈な思い出として残っているので、見返したいと思っていたのです よ。

 しっかし、当時の特撮は凄いなあ…。

 

 第1話からコレであるよ。
 そりゃ性癖も開拓されます。


 

 そして、この敵組織の女幹部の多さである。
 思春期にこんなので開拓されちゃったら…、そりゃ悪の女幹部モノが大好物になってしまうのは仕方のない事なのである。


 にしても、当時はストーリーとか一切頭に入ってなかったけど、この作品は「水」がテーマだったのね。
 敵側も綺麗な水がないと生きられないから、水を奪うために地球に侵略してきた…みたいな。
 敵も味方も…無駄に水着になるシーンが多かったのは、そういう理由だったのか。


 

 作戦が失敗したら、幹部達が水をぶっかけられる…というお仕置きシーンも、作品のテーマと合致しているから何の問題もないね!
 テレビの前のお友達の性癖は開拓されるけども!


 

 そして、水とは関係なく…人質を撮影するカメラアングルがコレである。
 人質を映すためだけにこんな凝った撮影するとか、性癖を開拓する気マンマンだろ!
 どんだけ耕す気だよオイ!


 

 そんなこんなで、この作品に耕されまくったおかげで、オレの性癖はとても豊かになりました。(偏った方向に)

 とりあえず5話まで見たけど、このまま全話見てしまいそうで怖いわ。



4月14日(水)

▼長けりゃ良いってもんじゃない

 

 やっぱりこのドール…膝から下が長すぎだろ!
 このメーカー、「160cm」「163cm」「165cm」「168cm」「170cm」…と、高身長モデルのバリエーションが無駄に充実してるけ ど…、絶対ボディは一緒で脚の長さで調節してるだろ!

 実際に見ている分には気にならないのですが、こうして写真で平面的に見ると…めちゃめちゃ違和感あるわ。


 

 膝から下を写さないようにすれば、おかしなバランスにはならないんですけど…、それじゃあ靴下フェチに死ねと言ってるようなものでしょーが!


 

 …まあ、脚だけ写せば良い…って話なのですけれども。

 西村ちなみに、普通のハイソックスでは丈 が足りないので、普通のよりちょっと長い38cm丈のハイソックスを買ってみました。
 これは…ベスト! ベストなサイズだわ!


 

 

 ポーズを工夫すれば違和感なくなるかと思ったけど…、長いだけじゃなく細すぎるのよね。もっとふくらはぎにボリューム欲しいわ。


 

 …などと文句を言いつつも、色々なポーズが出来るので写真を撮っていて楽しいです。



4月12日(月)

▼昨日の仮面ライダーセイバー

 を見ようとしたら、nasneが赤とオレンジのランプを点滅させていて全然応答しないのですよ。
 ネットで調べてみたところ、この状態になったら修理に出すしかないっぽい。面倒臭いからやらんけど。
 Amazonの注文履歴で確認してみたら、購入日に2013年だったので…まあ長持ちした方よね。
 って事で、長いこと「地上波の番組はnasneに保存してPCで見る」というスタイルを続けていましたが、nasneを撤去して…地上波とは完全にオサ ラバしようかな、と。
 どうせ、地上波の番組なんて仮面ライダーしか見てないし。
 その仮面ライダーも、一時期のセイバーのアレっぷりが続いていたら心置きなく切る事が出来たのだけれど…最近ちょっと面白いんだよなあ。(ちょっとな の?)

 そんなこんなで…、「東映特撮ファンクラブ」に入会しました。セイバーを見るだけならテラサの方が安かったけど、何故か…何故かはわからないけれど、テ レ朝に金を入れるのがスゲー嫌なので…東映特撮ファンクラブの方にしました。
 基本的にスマホやタブレットのアプリで見る形式ですけど、バンナムIDと連携させるとPCからも視聴可能なのがありがたい。


 そんな仮面ライダーセイバーの第30話なのですけれど…、
 先週との繋がりを完全無視するのは混乱するからヤメロ! 一瞬「配信版は色々とカットされてるのか?」と思ったわ。
 先週はサイコーさんが応急処置をしたけど、このままじゃ…みたいな流れだったろーが! 何で普通に立ってリンタローの話を聞いてるんだよ! せめて座っ とけ!
 にしても、この状況でエクレアを食わされるのは、なかなかに拷問よね…。死亡フラグ克服のためとは言え…。
 今回は、ひたすらリンタローにストレスを与えてレベル上げ…ってな感じでしたけども、精神と時の部屋みたいな所に入って、いつの間にか強くなってまし た…よりは全然マシよね。
 しかも、最初から最後まで見応えあったしね。…東映特撮ファンクラブ入会初日の高揚感のせいかも知れんけど。



4月8日(木)

▼踏んだり蹴ったりでしたが…

 最近、デレステのガチャで爆死したり、突然休日出勤になったり、気付いたら眼鏡のネジが無くなってたり、自転車のタイヤがパンクしたり、散々だったので すが…、
 つか、眼鏡のネジがなくなる…ってどゆ事? 風呂上りに眼鏡をかけようとしたら、なんかユルユルだったので確認してみたら…ネジが無いんですよ。…どゆ 事?

 

 しかも↑ここのネジよ? ここのネジが突然無くなるって、あるあ…ねーよ! 40年眼鏡かけてるけど、ねーよ!
 まあ、何故か…、何故かオレは自分ではかけない伊達メガネを山ほど持ってるので、その中から同じくらいのサイズのネジを取って付けましたけども。ネジの 頭のサイズが違うので、頭が飛び出してますけども。


 そんなこんなで、踏んだり蹴ったりでしたけども…、

 

 やっと良い事が起こりました!
 今回のイベントで、初めてハイスコアランキングで5000位以内に入れました。


 

 カーニバル以外では初の金トロなので、めちゃめちゃ嬉しいです。
 たまたま手持ちのカードで理想的な編成を組めたのと、たまたまマスターとマスプラの難易度差があまりなくて、マスターのフルコンでも結構戦える楽曲だっ たのと、たまたまウなんとか娘のせいでプレイヤーが減っ…ゲフフンゲフフン。


 
 
 西村ちなみに、金トロを持って来てくれた 光の戦士たちが↑こちらになります。
 シンデレラブレスの楓さんをセンターに、11秒モチーフのレゾナンス仁奈ちゃん、11秒コンボナのトリコメイク卯月、11秒シンフォニーのシンデレラ エールまゆ、11秒シナジーのチャーム芳乃…という編成。
 フレンドを使えないイベントだと、特訓前後の2枚挿しとレゾナンスが共存出来ないので…まだまだこの編成でいけそう。
 …オレがフルコン出来るかどうかが問題なのですけれど。



4月5日(月)

▼昨日の仮面ライダーセイバー

 リンタローが死ぬ(死なない)って話かと思ったら…トーマが死んだ(死んでない)ー!(ガビーン)
 この程度で死ぬ死ぬ詐欺と言うのは厳しすぎる気もするが…、セイバーはこの流れをやりすぎなのよ。どうしても「またか」ってなっちゃう。
 レイカさんの赤服は…後ろから見るとケツの形が出て…素晴らしいですね。もう、毎週誰かに尾行されて欲しい。
 実は「四賢神」ってワードに結構ワクワクしていたのですが…、既に消されてたー!(ガビーン) こういう、設定だけの存在…勘弁して欲しいわ。
 まあ、組織を正した後、知念様をマスターにして、リンタロー達が四賢神になる…的な話かもしれんけど。
 お兄様…水系って事で、リンタローとの戦闘が楽しみだったのですが…、戦い方セコすぎィ!
 水の呼吸でリンタローを圧倒しつつ、要所で瞬間移動…とかならまだしも、瞬間移動に頼りすぎでしょ、この人! まだレイカさんの戦闘の方が強者感ある わ。



4月2日(金)

▼お詫び

 昨日の日記は、エイプリルフールの嘘とは言え不適切な表現があったため、削除させていただきました。
 ご不快な思いをさせてしまいました事を心からお詫び申し上げます。

 というのも嘘なのですが。昨日は更新していないのですが。


 それはそれとして…、
 α7Cを持っての散歩は…とても快適でございます。
 デカイ方のカメラでも、重さは別に苦にならないのですが…、バッグからの出し入れが面倒なのよね。常に首から提げて持ち歩くのも…、クソ田舎では周りの 目が、ね。
 その点、α7Cは小さいので、バッグからスッと取り出せるし、周囲に威圧感を与えないのでは、と。


 

 

 そんなこんなで、テクテクライフで地図を塗りつつ、神社をみつけたら参拝する…というゴースト・オブ・ツシマ的な散歩をしてました。

 にしても、指一本で引き出したり閉じたりできるチルト液晶の方が便利だと思ってたけど…、α7Cのバリアングル液晶も結構良いね。

 

 とくに、縦構図でのローアングル撮影のやり易さは…感動的でした。


 

 こんな感じでローアングルで撮りまくってました。


先月分>


ご意見・ご感想・ご文句は
↓ こちらからどうぞ ↓


お名前

コメント

非公開コメント









TOP





「ふぁうるちっぷ」
Since 1997.9.20

監督:tomi

bo1