■■ ふぁうるちっぷ■■

過去日 記  掲示板 写真 Twitter




12月14日(月)

▼ストーブの熱を無駄なく使いたい

 …ってのが当初の目的だったのだが、なんか違う方向へ進んでいる気が…。


 

 って事で、ストーブの上でアヒージョを作ろう…と思い立って。近所のスーパーで食材を買って来ました。
 普段は料理なんてしないから、食材を探すだけでも大変でした。…つか、マッシュルームを見つけられなかったけど、形が似ているしめじを買えば良かったの か? しいたけ好きだから、しいたけにしたけども。

 そんなこんなで、エビの背わたを抜いて塩水で洗って、フライパンで軽く焼いて…、自分の部屋でストーブの上に置いたスキレットの中にぶち込むワケです。


 

 入れた物は、エビ、ミニトマト、パセリ、しいたけ、ベーコン切り落とし、にんにく、輪切りの唐辛子。これらをオリーブオイルで煮込みます。
 しいたけのせいで、すごい「鍋感」あるけど、アヒージョです。


 

 で、コイツをパゲットに乗せて食べました。美味しゅうございました。
 
 ただ煮込むだけの料理だけど、それを部屋の中で出来るのが良いよね。
 ゲームとかしながら、鍋の様子を見たりつまみ食いしたりするのが楽しいな、と。



12月13日(日)

▼今日の仮面ライダーセイバー

 「セイバーは面白いですねえ(自画自賛)」というお話。…ホント? スト様、それ…ホント?
 メイちゃんの「ウチもやる」を聞いて、メイちゃんが2代目イエローに!?と思ったのは言うまでもない。…まあ、さすがにそこまで露骨なテコ入れはない か。…しても良いと思うけどね! もう、アレ度が露骨なテコ入れをしても良いレベルに達してると思うけどね! 個人的に!
 つか、誰も知念様がいなくなった事を気にしていないみたいなのですが…良いのか? このままシンプルと言う名のゴリ押し作戦ばかりで良いのか?
 ケントの本を形見分けみたいに皆に渡すのは…なかなかに熱いものがありました。…その本が役に立ったかどうか…は置いておいて。
 さすがにトーマの赤黄での変身はテンション上がりましたけどね。…でも、それでも仙台炎の剣士さんを倒せないのだから「だったら、先週の竜騎士使った方 が良くね?」と思わずにはいられないのだよなあ。
 まあ、そこはクリスマス前に目玉商品を披露しておきたい楽しい時を創る悪の企業さんの都合なのでしょうけれども。
 三人背中合わせで本の貸し借りは面白かったけど、結局…たいした効果はなかったよなあ…。
 ケントの本を使って、仲間から借りた本も使って、それでも…新商品お披露目の前座にしかならないんだから…やるせないよなあ。
 でも、今週はチャンバラ多めだったので…個人的には満足です。1対1になったと思ったら、唐突に全員集合して…戦闘の流れがグダグダだったけど。
 「水勢剣流水に誓う!」…からの砲撃&グーパンチはさすがに笑ったわ。…セイバーは面白いですねえ!



12月7日(月)

▼良い買い物だった…

 石油ストーブの暖房能力が心配でしたが、4日ほど使ってみて…全く問題ないと確信しました。
 むしろ、汗ダラダラになるくらい部屋が暖まるから、定期的に火力を弱めたり換気したりしてます。
 灯油の減り方がだいぶ速い気もするけれど…、ファンヒーターの嫌な温風から解放された事と比べたら、些細な事よね。
 ホント、買って良かったなあ、と。


 買って良かったと言えば…、模造刀も意外と満足度高いです。

 

 

 

 刀が一本あるだけで、撮影の楽しさが全然違うわ! 最強の小道具だコレ!



12月6日(日)

▼今日の仮面ライダーセイバー

 OPでちょっとだけ映ったイズちゃん可愛いよ、ちょっとだけ映ったイズちゃん!(ハァハァ)というお話。
 そうよね、普通に生きてるよね。先週と同じ流れよね。と思いながら見てました。…それが狙いなのかもしれんけど、そんな視聴者を騙す事に全力を出されて もなあ。
 冒頭の激情型作戦会議は…ちょっと面白かったですけれども。なんか皆「歌舞伎かコレ?」って思うような喋り方してるし、メイちゃんちょっとネタっぽい感 じになってるし。
 ケントを助けるために皆で頑張るのかと思ったら…、本人スッと起き上がったー! ちょっと横になってただけで…回復するの早すぎだろ。
 そして、先週のリンタローと同じ流れで前線に出ていくのね。…まあ、先週と同じ…ってところが、視聴者を騙すのに効果的なんだろうね。騙すのに一生懸命 でえらいねえ。
 竜騎士はなかなかにカッコ良かったですね。ケントを助けるために暗黒剣を奪取するのが目的だったのに、その暗黒剣がどこに行ったかわからなくなるくらい の圧倒的パワーですからね。
 ケントが死んだー!(ガビーン) 死ぬ死ぬ詐欺…と思わせておいてホントに死んだー! 凄い! 感動した!
 なんか、来週から仮面を被った謎の暗黒剣士が出てきそうな勢いですけども。 



12月3日(木)

▼今年の買い物はコレで終わり

 あとは、ただただ…クソ忙しい年末年始が無事に過ぎてくれる事を祈るばかりです。


 

 って事でストーブ届きました。
 想像してたよりも一回り小さい感じだけど、見た目は最高よね。


 

 火を点けるとこんな感じ。
 写真を撮るために最大火力にしてますけど、眺めてる分には普通の火力でも全然キレイですね。
 ただ…、熱は上へ上へと出ているので、ストーブの前に座って炎を見ていても、そんなに暖かくはないんですよね。天板の上を覗き込むように顔をもっていっ た り、手をかざしたりすると、すげー暖かいですけれども。


 

 天板の上にはキャプテンスタッグの五徳を置きました。
 さすが、Amazonでトヨトミのストーブのページで「よく一緒に購入されている商品」に必ず出てくるだけあって、あつらえたようにピッタリです。


 

 で、上に水を入れたやかんを置いてます。
 いや、もう、この見た目だけで癒されますね。昭和の人間としては。

 心配だった暖房能力も…全然問題ない感じ。
 すぐに部屋が暖まるワケじゃないけど、点けてすぐ天板の上はポカポカになるので、そこで暖を取っていれば「寒くて無理!」って事にはならなそう。
 オレは机の下に足元を暖めるための小さいオイルヒーターを置いているので、それと併用していれば普通に冬は越せそうね。


 

 って事で、この冬は快適に過ごせそうです。
 結構な出費だったけど、ファンヒーター特有の温風が吹き付ける感じがなくなったのはデカイ。



12月2日(水)

▼ライティングって難しい…


 

 写真撮ってました。
 ニーソックスの光の当たってる部分と影になってる部分のコントラスト的なヤツを良い感じのアレにしたい…と撮り始めて、最終的に割と理想通りになったの で満足です。


 

 こちらは最近購入した模造刀を持たせて撮影。
 刃の部分が金属で出来てるので、そこをギラギラに光らせた感じの写真にしたかったんですけれども…、これが精一杯でした。ストロボの位置や角度を色々と 試してみたんだけどなあ。
 まあ、刃に反射した光がメガネに写り込んで…これはこれで良い感じになったと思わんでもない。

 にしても、ダイキャスト製なだけあって、結構重いなコレ…。撮影のために固定するの大変だった…。
 手に持った時の本物感は凄いですけどね。



12月1日(火)

▼ハードルが下がりきっていたのもありますが…

 「アルスラーン戦記」全15巻、読み終わりました。
 世間の評判ボロクソだったので、どれくらいボロクソなのか…と楽しみにしていましたが、意外と良かった…と思わんでもない。
 つか、ラストは結構好きよ。最終決戦の方じゃなくて、後日談的なヤツの方ね。あのせつない感じの終わり方は、最後まで読んで良かった…と思えるモノがあ りました。
 …まあ、そこに至るまでの流れがなかなかに酷かったですけどね。
 「投げっぱなしジャーマン」…とまでは言わないけど、「勢いよく投げすぎて自分の胸と相手の背中がおもいっきり離れちゃったけど、ブリッジしたまま爪先 でちょこちょこ移動して相手に密着してフォールするジャーマン」くらいの見苦しさがありました。投げた時とフォールする時は良いけど、途中酷いなオイ…み たいな。
 特に、最終決戦でのアルスラーンとラスボスの会話は…ちょっとしたソードマスターヤマト状態で、変な笑いが出ましたよ。「腕輪の持ち主の誰かが正統な王 位継承者かと思ったが、別にそんなことはなかったぜ!」みたいな。
 …いや、あの三人にどんだけ尺を使ったと思ってるんだよ!? そんなオチの付け方ある?
 戦記物の最終決戦ともなれば、今まで活躍していた武将達がバタバタ死んでいくのも醍醐味ではあるのですけれど…、なんか皆…印象に残らない死に方だった なあ、と。
 「銀英伝」では、ファーレンハイトの「よろしい、本懐である」と、ロイエンタールの「遅いじゃないか、ミッターマイヤー…」が大好きなのですけれども、 そういう印象的な散り様がほとんどなかったのが残念だったなあ。
 …まあ、アルフリードのところは正直泣きながら読んでました。…けど、年を取って涙腺ガバガバのオレが、そこしか泣くポイントがなかった…ってのがアレ よね。
 「ノルマか何かですか?」ってなくらいに口から血を吐く描写が書かれていましたけど…、そんな事よりカッコイイ台詞のひとつやふたつくらい言わせてあげ てよ!

 そんなこんなで…、不満点はありますが、「終わり良ければすべて良し」派のオレとしては、良い作品だったな、と。
 美しい弧を描くジャーマンではなかったけれど…、相手を引っこ抜く時の迫力と、最後のブリッジが取って付けた感がありつつも美しいブリッジだったの で…、良いじゃないか、と。


先月分>


ご意見・ご感想・ご文句は
↓ こちらからどうぞ ↓


お名前

コメント

非公開コメント









TOP





「ふぁうるちっぷ」
Since 1997.9.20

監督:tomi

bo1